歯の黄ばみを取る6つの対策方法を紹介!

これまで歯が黄ばんでしまう原因について見てきましたが、歯の黄ばみを取るには一体どんな対策方法があるのかここから紹介していきます。

① 歯を白くする歯磨き粉を使う

歯のホワイトニングを歯科院でやるのはお金がかかりますよね。自分で簡単にできる方法があれば一番手軽で安心です。

まずは歯の黄ばみを取る定番の方法としてホワイトニング歯磨き粉があります。
色々な種類がありますが、「薬用ハイドロキシアバタイト」という成分は歯の表面を平らににし着色しないよう予防する働きがあります。この成分の含有量が多い効き目のある歯磨き粉は主に歯医者さんで販売されていますよ。

基本的なホワイトニングだけでなく、さらに「マクロゴール400」という成分をプラスした歯磨きはたばこのヤニを溶かす働きがありますので、喫煙者にもピッタリです。ほかにも口臭予防の殺菌成分入りなど色々な機能性を持ったホワイトニング歯磨き粉がありますので、自分の悩みに合わせて選ぶとよいでしょう。

またコツとして歯の黄ばみを取るには、フッ素で最後に仕上げをするとエナメル質を強化する効果があります。フッ素コートジェルと呼ばれるものが販売されていますので、いつもの歯磨きと併用して使いましょう。

ホワイトニング歯磨き粉はこれだけで十分効果が期待できそうなのですが、使用の際には注意したいメリットとデメリットがあります。

まずメリットはホワイトニング歯磨き粉は歯科クリニックで行う施術よりも低コストでできること。また虫歯予防にもなりますので口腔ケアにメリットになります。

では知っておくべきデメリットですが、ホワイトニング歯磨き粉は商品の質や歯磨きのやり方などにより効果に個人差がありますので、必ず歯が真っ白になるとは限りません。また自分で歯の黄ばみを取る方法は継続しないと効果を実感できない為、途中で挫折してしまうこともあります.

 

そもそも、なぜ歯は黄ばんでしまうのか?

歯の黄ばみって何が原因なのか、その正体はステインと呼ばれる汚れです。
食べ物やたばこのヤニなど普段の生活の中で蓄積していく色素が歯の黄ばみとなります。
では考えられる原因について見ていきましょう。

① 食べ物や飲み物による着色汚れ

色素の濃い食べ物やコーヒー・お茶などのポリフェノールが原因となります。
普段何気なく食べる物にはブドウや炭酸飲料など色素が強いものが色々ありますよ。

② タバコ

タバコのヤニは歯の表面だけでなく裏側にも黄色い汚れとなり歯に付着します。
長期間喫煙習慣がある人ほど歯の黄ばみが濃くなる傾向があります。

③ 間違った歯磨きの仕方

しっかり歯磨きができていない場合、もしくは逆に力を入れてブラッシングする場合も歯のエナメル質が傷つき、そこに食べ物などの色素が残りやすくなります。

④ 遺伝や生まれつきによるもの

人間の歯の色は生まれつき若干異なります。
エナメル質が厚い人よりも薄い人の方が象牙質が透けて見える為、汚れているように見えてしまいます。

⑤ 病気や薬によるもの

乳歯の間にテトラサイクリンという抗生剤を飲むと歯の黄ばみが残る場合があります。大人も服用する薬や病気により歯が黄ばむことがあります。

⑥ 加齢によるもの

年齢とともにエナメル質が薄くなるので、歯の黄ばみが強調されることもあります。

⑦ 金属によるもの

歯の治療で使用する金属が唾液で溶け出して歯の黄ばみ原因になる場合があります。

⑧ 歯石の着色

しっかり歯磨きをしないと歯石がたまり歯の黄ばみ原因になることがあります。

⑨ 虫歯

虫歯は歯のみがき残しがあるサイン。虫歯の菌により歯のエナメル質が変色する場合もあります。

歯医者でホワイトニング

費用:40,000円〜60,000円
時間:30〜60分×週3〜4回

このように、多額の費用と時間がかかるので、なかなか手を出せないのが現実でしょう。

そこでおすすめなのが今回紹介する歯磨き粉ランキングがおすすめなんです!

自宅にいながらにしてお手軽にホワイトニング効果を実感することができます。

普段使っている歯磨き粉の代わりに使うだけで徐々に理想的な白い歯に生まれ変わっていくので、『ホワイトニングはしたい。でも、お金的に・・』という方はぜひ使ってみてください!

歯の黄ばみケアについて

歯の黄ばみは他人への印象を悪くしがちです。そして、黄ばんでしまった歯のために笑顔に自身をなくしていませんか?
皮膚の色と同じで、歯の白さには個人差があるものなので、他の人と比べるのはあまり意味のないことのようにも思えます。

しかし白い歯は輝いて見えるものです。

そして以前に比べて、歯の黄ばみが目立つようになってきたり、くすんできたようなに見える気がするようになっている人は少なくないでしょう。自分の歯はそもそも黄ばみがひどいみたいだと、あきらめていませんか?
歯の黄ばみの原因は主に歯に付着した汚れです。歯垢をはじめとして、タバコや紅茶・コーヒー、赤ワインによっても歯は徐々に黄ばんでしまうものなのです。
一方でいったん黄ばんでしまった歯を、もう一度白くするには歯医者でホワイトニングするしかないと思い込んでいませんか?もちろん本格的なホワイトニングは歯医者さんでしかできないものがほとんどですが、自宅でも簡単に黄ばみをとる方法がいくつかあるのは意外と知られていないのです。
こちらでは歯の黄ばみを自宅でホワイトニングする方法と、毎日の歯の汚れ落としする方法を紹介しています。

歯に沈着したヤニや黄ばみを除去する方法

①歯医者さんでホワイトニングをしてもらう
一番確実な方法です。マウスピースにホワイトニング剤を入れて、夜寝てる間に着色を徐々に剥がしていく方法です。2週間から1ヶ月で白くなります。だいたい2万円~からです。ただ、喫煙や食習慣を変えないと半年~1年で元に戻るので注意が必要です。

②ガーゼに歯磨き粉をつけて磨く
歯ブラシの代わりにガーゼに歯磨き粉をつけて軽く磨いてください。ある程度効果が出てることに気付くと思います。2~3回繰り返すと結構効果があります。ただし、歯の隙間など届かない部分は白くならないのでムラになります。ムラになると逆に黄ばみが目立つことになるのでやり過ぎには注意しましょう。

③重曹を使う
重曹を指に取って、歯を磨くと白くなるという都市伝説がありますが、試してみました。効果はまぁまぁでした。コツは重曹をたっぷり指につけ磨くことです。ケチったら効果はないです。ただ、ヤリヅライ。歯の裏とか隙間とか、厳しい。磨いたあとの爽快感はある程度ありますが、歯医者にいった方がいいですね

ペリクルのメリット・ペリクルのデメリット

ペリクルのメリット

ペリクルがエナメル質を覆う膜としてのメリットは、口内の酸からエナメル質を

守る役目です。

ペリクルがないと、酸がエナメル質をどんどん溶かします。

他には、ペリクル膜のおかげでエナメル質を修復する時に使うカルシウムやリ

ンが逃げずに定着できる、歯の脱灰を抑えることができるなどがあります。

ペリクルのデメリット

ペリクルのデメリットであり、一番のポイントとなります。

細菌や着色がついた状態が数時間以上続くと、徐々にカチコチに固くなっていき、「バイオフィルム」というばい菌だらけの城壁を構築します。

バイオフィルム内では、ばい菌が異常発生し、果ては虫歯、歯垢から歯石、そして恐怖の歯周病へと変貌するわけです。

目に見えてわかるカチコチになった城壁「歯の黄ばみ」になると、歯磨き程度のブラッシングではおちません。

以上が、歯の黄ばみが起きるメカニズムです。