歯の黄ばみを取る6つの対策方法を紹介!

これまで歯が黄ばんでしまう原因について見てきましたが、歯の黄ばみを取るには一体どんな対策方法があるのかここから紹介していきます。

① 歯を白くする歯磨き粉を使う

歯のホワイトニングを歯科院でやるのはお金がかかりますよね。自分で簡単にできる方法があれば一番手軽で安心です。

まずは歯の黄ばみを取る定番の方法としてホワイトニング歯磨き粉があります。
色々な種類がありますが、「薬用ハイドロキシアバタイト」という成分は歯の表面を平らににし着色しないよう予防する働きがあります。この成分の含有量が多い効き目のある歯磨き粉は主に歯医者さんで販売されていますよ。

基本的なホワイトニングだけでなく、さらに「マクロゴール400」という成分をプラスした歯磨きはたばこのヤニを溶かす働きがありますので、喫煙者にもピッタリです。ほかにも口臭予防の殺菌成分入りなど色々な機能性を持ったホワイトニング歯磨き粉がありますので、自分の悩みに合わせて選ぶとよいでしょう。

またコツとして歯の黄ばみを取るには、フッ素で最後に仕上げをするとエナメル質を強化する効果があります。フッ素コートジェルと呼ばれるものが販売されていますので、いつもの歯磨きと併用して使いましょう。

ホワイトニング歯磨き粉はこれだけで十分効果が期待できそうなのですが、使用の際には注意したいメリットとデメリットがあります。

まずメリットはホワイトニング歯磨き粉は歯科クリニックで行う施術よりも低コストでできること。また虫歯予防にもなりますので口腔ケアにメリットになります。

では知っておくべきデメリットですが、ホワイトニング歯磨き粉は商品の質や歯磨きのやり方などにより効果に個人差がありますので、必ず歯が真っ白になるとは限りません。また自分で歯の黄ばみを取る方法は継続しないと効果を実感できない為、途中で挫折してしまうこともあります.

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です