歯の黄ばみができるメカニズム

あなたが悩んでいる歯の黄ばみ、着色汚れはなぜ起きるの?

最悪、色がついてもいいけど、どうして歯磨きで簡単に取れないの?

はっきり言って、簡単に黄ばみがとれれば、今みたいに悩む必要はありませんよね。

それでは、歯が黄ばむメカニズムを説明します。

厳密に言うと、「ペリクル」という成分がエナメル質を覆うように膜を張っています。ペリクルは、唾液成分で作られており、主にタンパク質です。ペリクルがはがれたとしても、60分ほどで、唾液によりもとにもどるそうです。

このペリクルは歯を守るけど、黄ばみの原因にもなる、矛盾した歯の成分です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です