ペリクルのメリット・ペリクルのデメリット

ペリクルのメリット

ペリクルがエナメル質を覆う膜としてのメリットは、口内の酸からエナメル質を

守る役目です。

ペリクルがないと、酸がエナメル質をどんどん溶かします。

他には、ペリクル膜のおかげでエナメル質を修復する時に使うカルシウムやリ

ンが逃げずに定着できる、歯の脱灰を抑えることができるなどがあります。

ペリクルのデメリット

ペリクルのデメリットであり、一番のポイントとなります。

細菌や着色がついた状態が数時間以上続くと、徐々にカチコチに固くなっていき、「バイオフィルム」というばい菌だらけの城壁を構築します。

バイオフィルム内では、ばい菌が異常発生し、果ては虫歯、歯垢から歯石、そして恐怖の歯周病へと変貌するわけです。

目に見えてわかるカチコチになった城壁「歯の黄ばみ」になると、歯磨き程度のブラッシングではおちません。

以上が、歯の黄ばみが起きるメカニズムです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です