そもそも、なぜ歯は黄ばんでしまうのか?

歯の黄ばみって何が原因なのか、その正体はステインと呼ばれる汚れです。
食べ物やたばこのヤニなど普段の生活の中で蓄積していく色素が歯の黄ばみとなります。
では考えられる原因について見ていきましょう。

① 食べ物や飲み物による着色汚れ

色素の濃い食べ物やコーヒー・お茶などのポリフェノールが原因となります。
普段何気なく食べる物にはブドウや炭酸飲料など色素が強いものが色々ありますよ。

② タバコ

タバコのヤニは歯の表面だけでなく裏側にも黄色い汚れとなり歯に付着します。
長期間喫煙習慣がある人ほど歯の黄ばみが濃くなる傾向があります。

③ 間違った歯磨きの仕方

しっかり歯磨きができていない場合、もしくは逆に力を入れてブラッシングする場合も歯のエナメル質が傷つき、そこに食べ物などの色素が残りやすくなります。

④ 遺伝や生まれつきによるもの

人間の歯の色は生まれつき若干異なります。
エナメル質が厚い人よりも薄い人の方が象牙質が透けて見える為、汚れているように見えてしまいます。

⑤ 病気や薬によるもの

乳歯の間にテトラサイクリンという抗生剤を飲むと歯の黄ばみが残る場合があります。大人も服用する薬や病気により歯が黄ばむことがあります。

⑥ 加齢によるもの

年齢とともにエナメル質が薄くなるので、歯の黄ばみが強調されることもあります。

⑦ 金属によるもの

歯の治療で使用する金属が唾液で溶け出して歯の黄ばみ原因になる場合があります。

⑧ 歯石の着色

しっかり歯磨きをしないと歯石がたまり歯の黄ばみ原因になることがあります。

⑨ 虫歯

虫歯は歯のみがき残しがあるサイン。虫歯の菌により歯のエナメル質が変色する場合もあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です